カードローン審査の電話確認をスムーズに乗り越える!

カードローン審査の電話確認をスムーズに乗り越える!

カードローン審査の登竜門、電話での在籍確認。
誰かにバレずにカードローンで契約したい人にとっては、この在籍確認は一番の山場となりますよね。
在籍確認と言われると嫌なイメージになってしまいがちですが、在籍確認を取る段階まで行くということは審査にはほぼ通過しているということ。
契約できないのに在籍確認をする会社はありませんから、これさえ通過すればすぐにでもカード発行してもらえるということになります。
そこで、最後の関門「カードローン審査の電話」での在籍確認について、詳しく見ていきましょう。

 

在籍確認の電話はナシにもできる?!

在籍確認は電話で勤務先に連絡を入れて、契約者が在籍しているかどうかをチェックするための審査です。
この審査は、カードローン審査の一番最後に行われる審査で、ここまで行けばカードローンの審査は通過したも同然です。
在籍確認が取れない場合は、どんな理由があっても契約することはできません。

 

以前までは、在籍確認は会社に電話をかける、ということ以外の方法はありませんでした。
しかし最近では、電話以外の方法でも在籍確認を取れるようになりました。

・社員証
・給与明細
・源泉徴収

基本的には顔写真付きの社員証が最も望ましいですが、どうしても電話での確認が難しい場合はこのような書類で在籍確認OKと判断するところも増えているようです。
電話確認でなくてもよくなった背景には、個人情報の観点から、名前を名乗らない人に対し、本人が在籍していることがわかるような受け答えもできないところが増えて来ています。カードローンの在籍確認電話は個人名でかかってくる場合が多いため、なかなか取り次いで貰えないことが多いようです。そのため、最近では在籍確認を行わない方法を採用するところも増えているようですね。

 

審査の内容は電話に出るかどうかではない

ここでひとつ、在籍確認について、どのようなことが行われるのか説明いたします。

@会社に電話がかかってくる
A受付または別の人間が出る
B自分がいれば取り次いでもらう

在籍確認の電話は、基本的には個人名でかかってきます。
自分に取り次いだ時点で、名を明かすようなシステムになっていますので、会社の人間に気づかれることはありません。
が、しかしほとんどの在籍確認がこのシステムなので、勘のいい人なら気がつきますよね。

 

では今度はその場に自分がいない場合。
この電話は自分がその場にいなくても問題ありません。
「席を外しております」という内容だったり、「本日は休みです」という内容でも全く問題ありません。
要は、あなたが在籍しているということさえ分かればいいので、本人が電話に出なくても問題ありませんので、あまり神経質にならなくていいと思います。

 

ただし、例えば電話が留守番電話だったり、会社の営業時間が終わってしまっていたりする場合は在籍確認が取れていないという扱いになりますので、必ず電話に受付の人や誰かが出ることができる時間帯に在籍確認を行ってもらうようにしましょう。

 

在籍確認の電話を乗り越えるコツ


在籍確認の電話で気になるのは、電話がかかってきて他の人が取り次いだ時、カードローンの契約または取立てじゃないかと思われることだと思います。
私も実際に個人名で社内の誰かに電話があった場合、営業担当の人間出ない限りはカードローンかなにかの在籍確認かな?と思います。
しかし、だからといって特に悪い印象を持ったりすることはありません。

 

在籍確認の電話を上手く乗り越えるポイントは、最初に「在籍確認の電話がかかってくるかもしれない」ということを伝えてしまうことだと思います。
誰しもカードローンやクレジットカードを契約する時は必ず在籍確認の電話がかかってくるわけですので何もやましいことではありません。
特に普段電話がかかってこないような部署の人は、最初に受付担当の人に一言伝えておくだけで印象が全然違います。
自分が思っているほど稀なことではありませんので、受付担当者も何の疑問も持たずに取り次いでくれると思います。

 

在籍確認さえ乗り切れば、あとはカードを発行してもらうだけ!
最後の電話確認はスムーズに乗り越えちゃいましょう!